2019年04月05日

技術と研究開発が必要

ケニアスタッフDickenの投稿を和訳した文をご紹介します。(3月26日付)

結核研究所の加藤誠也所長によると、日本は結核の終息に向けて大きなうねりを起こしてきました。このことは、国民健康保険法に基づいた、医療への平等なアクセスにより可能となりました。
日本政府は公的資金によるスクリーニングの仕組みを作り、そのプログラムを適切に実施しました。適切な報告システムによる保健所の徹底管理も行われました、
このことが、結核高まん延国に対する支援を日本が主導することのゆえんとなりました。栄研化学のTB Lamp のような技術の進歩は、簡単で早い結核診断を可能としました。
富士フイルムによる取組みで、喀痰の代わりとして尿を使用する試験法もあります。この取組みは、患者の大半が唾液など誤った検体を提出することで誤った診断結果が出るということを考慮すると、意義があります。
最も重要なのは、結核を抑制及び予防するための技術革新に充てる予算が増額されたということです。世界で結核を終わらせるためには、研究開発もまた鍵であるとされています。


Dicken
posted by resultsjp at 15:55| Comment(3) | 結核
この記事へのコメント
日本における官民の取組み、仕組みが参考になりますね。
Posted by ひら at 2019年04月04日 13:20
面白い取り組みが多く、勉強になりました。海外にも広がってほしいと思います。
Posted by ことり at 2019年04月05日 18:24
色々な人が様々なアイデアを持って研究開発を行うことで、いいものがどんどん生まれて欲しいと思います。
Posted by しん at 2019年04月08日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]