2019年04月27日

ナイロビのスラムにおける衛生

日本リザルツケニア事務所のヒルダさんが書いたブログの邦訳をご紹介します。

インフォーマルな居住地で暮らす人々にとって、生活は困難です。
常に家や衛生補助剤やきれいな水がなく、そのことによって腸チフスやコレラ等の水系感染症が引き起こされます。

コミュニティの人々は政府がきれいにしてくれるのを待つのではなく、自らきれいな環境作りに責任を持たなければなりません。

清掃活動が生活の質を向上させるということを認識することは大切です。

きれいな空気、水、土地、エネルギーは人々の生活、仕事、幸福を支える欠かせないものです。
これらきれいな環境の要素は保護、管理させることで維持されなければなりません。
加えて、人々の活動により発生するごみは衛生上のレベル毎に分別されるべきです。

私たちは周辺環境を直接管理した方が良いと思います。
信念のある清掃活動を通して、私たちの周辺環境に貢献することが必要です。

Hilda

来週の土曜日にはまたコミュニティのグループと合同で清掃活動を実施します。
雨季に入りましたが、雨が降らないようにてるてる坊主にお祈りしておきます。
Taki

posted by resultsjp at 23:12| Comment(4) | ケニア
この記事へのコメント
作りましょう!でっかいやつを。
Posted by ことり at 2019年04月28日 20:08
まずは家の中からキレイにして、次に家の周辺をキレイに、この連鎖を完成させたいものですね。
Posted by ひら at 2019年05月04日 11:36
生活環境を清潔に保つことによる健康状態の改善と、行政の取組みによる他の改善が同時に進むといいと思います。
Posted by しん at 2019年05月07日 07:58
多数の人が狭い範囲に密集して住んでいる場所なので、衛生管理が鍵となるのですね。
清潔な住環境づくりで、感染症などが防げるようになるための取組みを応援しています。
Posted by Field at 2019年05月08日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]