2019年05月09日

カンゲミの結核患者の状況

日本リザルツケニアスタッフCalvinのブログ記事和訳文をご紹介します。

結核有病率調査は、患者がしっかりと服薬治療を完了することを目指して行われています。

しかし、ヘルスケア従事者の怠慢や、患者本人の服薬拒否により、非常に多くの患者が亡くなっています。

この結果をもたらしているその他の要因として、がん、高血圧、糖尿病、エイズ、飲酒、喫煙などがあげられます。

好ましいこととしては、カンゲミヘルスセンターの結核診療所において2018年の4半期で結核患者の治療成果が90%というとてつもない改善を見せたことが挙げられます。

この成果には、積極的な患者のフォローアップ、結核担当看護師による先進的な保健講話、そしてリザルツの支援が関係しています。

最新の結核有病率調査では、結核患者が比較的高い率で登録されており、カンゲミでは依然として感染率が高いということをしめしています。

カンゲミで結核を根絶するには、結核との戦いにおける様々なパートナーやステークホルダーと連携し、啓発活動を活発化及び拡大し、基礎的な予防及び治療を強化する必要があります。

カンゲミヘルスセンターには、結核の検出精度を高めるため、顕微鏡法よりも感度が高いTB Lampと言う名の診断機器が設置されています。


Calvin

posted by resultsjp at 17:04| Comment(4) | 結核
この記事へのコメント
病気の治療は、患者さんだけでなく周りの人たち(医療従事者、ご家族、ご友人など)の支えも欠かせないと思います。
Calvinさんたちのカンゲミでの活動により、一人でも多くの患者さんが快方に向かっているのは嬉しいです。
Posted by Field at 2019年05月10日 09:50
どのようにTB-LAMPを広めていくか知恵を捻りたいと思います。日本の技術が世界で利用されて、アンジェリーナのような犠牲者が1人でも減るといいですね。
Posted by ことり at 2019年05月10日 14:19
カンゲミヘルスセンターの結核治療成果が高いことが注目されます。明確な要因分析が期待されます。
Posted by ひら at 2019年05月11日 21:08
カンゲミでの成果が、きちんと評価されて推奨事例として広まって欲しいです。
Posted by しん at 2019年05月12日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]