2019年05月14日

マラソン競技―ケニア選手とパラリンピック選手へもぜひご声援を

東京オリンピック・パラリンピックのチケット申し込み抽選が始まったというニュースが話題となっていましたが、
私たちが活動をしているケニアはマラソン大国です。

先日、日本の川内選手が参加されたボストンマラソン男子では、
なんと上位10人の選手の内、7名がケニアの選手という圧倒的な強さを誇っています。
ケニア選手も、東京オリンピック・パラリンピックの本大会に来日・参加されると思います。
せっかくの大会なので、自分に縁のあるケニアの選手も応援したいです。

ボストンマラソン(男子)2019 トップ10選手

着順位選手名(アルファベット)タイム出身国
1Cherono, Lawrence2:07:57ケニア
2Desisa, Lelisa2:07:59エチオピア
3Kipkemoi, Kenneth2:08:07ケニア
4Kandie, Felix2:08:54ケニア
5Kirui, Geoffrey2:08:55ケニア
6Rono, Philemon2:08:57ケニア
7Fauble, Scott2:09:09アメリカ
8Ward, Jared2:09:25アメリカ
9Talam, Festus2:09:25ケニア
10Kipruto, Benson2:09:53ケニア

ボストンマラソンウェブサイト 結果(英語)より

また、同大会では、車いす(男子)部門で、副島選手ら日本人3選手が入賞されるなど活躍されていました。
参加する前の調整や移動など大変なことが多いと思いますが、注目される海外の大会で結果が出ると選手の方々は嬉しいのではないでしょうか。


SoH
posted by resultsjp at 17:40| Comment(4) | 情報
この記事へのコメント
身体機能が違うのですかね。こちらの新聞でも大きく取り上げられていました。
Posted by ことり at 2019年05月14日 23:29
ここまで圧倒的とはすごいですね。赤道直下の高地というのが理由の一つでしょうか。
Posted by しん at 2019年05月15日 08:00
>ことりさん、しんさん
コメントありがとうございます。高地で鍛えられた心肺機能が活躍の鍵みたいです。
FYI ケニアの高地エリア・イテンに、マラソン選手のトレーニング施設があるそうです。
Posted by Field at 2019年05月16日 17:56
大したものです。栄養との関係も知りたいものです。
Posted by ひら at 2019年05月18日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]