2019年05月19日

基礎工事が終了しました。

日本リザルツはケニア・ナイロビ市のスラム街、カンゲミ地区で結核抑止プロジェクトを実施しています。
今年はウエストランズサブカウンティにある8つの小学校にトイレと手洗い場を建設しています。

建設工事業者のみなさんのお陰で、基礎工事が着々と終了しつつあります。

20190517_100155.jpg
トイレが設置される場所を木枠で囲みます。
20190517_095103.jpg
そこに鉄骨を組み込んでいきます。

20190517_095043.jpg
鉄骨がきれいに組み込まれ、あとはSATOのトイレを設置し、コンクリートを流し込めば、床が完成します。
先週も日中はお天気に恵まれた一週間で順調にトイレ建設が進んでいます。
何より、安全第一で工事をしていきたいと思います。
(はるか)
posted by resultsjp at 20:50| Comment(4) | 情報
この記事へのコメント
建設現場のチェックに行くと、子どもたちがトイレが足りず、外で用を足している姿も見かけます。早く工事が終わり、安心・安全なトイレが使えるようになるといいなと思います。
Posted by ことり at 2019年05月19日 20:54
このままいい天気が続いて欲しいです。
Posted by しん at 2019年05月20日 08:49
工事が順調に進んでいるとのお便りで何よりです。
Posted by Field at 2019年05月20日 14:28
完成が楽しみですね。ここを拠点にして全国に普及してほしいですね。
Posted by ひら at 2019年05月20日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]