2019年05月30日

悲しい清掃作戦

5月25日の報道によると、ケニアの首都ナイロビを流れる、ごみためと化した川の大規模な清掃作戦の最中、これまでに遺体14体が発見され、その多くは幼児と子どものものだったそうです。
日本リザルツケニア事務所もカンゲミなどで清掃活動を行なっていますが、それは、清掃活動によって衛生環境が良くなり、感染症や怪我を心配することなく、健康で元気いっぱい走り回る子どもたちの姿を見たいからです。
SY



posted by resultsjp at 10:07| Comment(4) | 情報
この記事へのコメント
あまりにも悲しい内容に心を痛めています。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
Posted by Field at 2019年05月30日 10:46
みんなが安全に暮らせるまちづくりが日本の知見を活かして行えるといいですね
Posted by ことり at 2019年05月30日 12:52
今後こうした悲劇が起きないように祈っています。
Posted by ひら at 2019年05月31日 11:19
それぞれどのような経緯で子どもたちがそのようなことになってしまったか分かりませんが、このようなことを防ぐ意味でも清掃は重要ですね。
Posted by しん at 2019年06月03日 06:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]