2019年06月12日

食品ロス

最近、新聞で「食品ロス」という文字が目につきます。日本では年間約1,800万トンの食品が廃棄され、このうち食べられるのに廃棄される食品ロスは500万〜800万トンに及ぶそうです。慢性的な貧困、多発する紛争、そして、頻発する自然災害が飢餓を引き起こし、世界で9人に1人が飢えに苦しんでいるそうです。食べ物を残すたびに罪悪感を感じてしまいます。
SY
posted by resultsjp at 18:25| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
食品ロスを減らすための動きが日本でも進んでいるようですね
Posted by ことり at 2019年06月12日 20:44
生産から消費、廃棄まで、あらゆる場面での取組みが必要ですね。
Posted by しん at 2019年06月13日 07:53
食品だけが「ロス」、もったいない、ということが言われる。他の商品はどうなのかも見てみたい。流通で「ロス」になる原因は、小売り、消費段階での賞味期限といった制度に起因すると思われる。制度の見直しが必要だ。また、生鮮品では持ちが短いので、加工品にすることで消費期限を長期化できる。流通で生じた売れ残り品は農村では家畜のえさ等に回収することで処理できるが、都会では難しい。
Posted by ひら at 2019年06月15日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]