2019年06月14日

国際連帯税議員連盟総会

本日、参議院議員会館において開催された、国際連帯税の創設を求める議員連盟2019年度第1回総会に出席してきました。その中で、外務省から国内外の状況、G20大阪会合及び革新的資金調達に関するリーディンググループ会合についてご報告があり、議員連盟からは、G20におけるゴールは何で、そのためにいつ、誰が、どのような形で国際連帯税について発言、提案をするかといことについて、スケジュールを含めて具体的な道筋を描いていかないと進まないという意見が出されました。
代表の白須からは、今年の7月24日(水)に開催するシンポジウムでは若い学生さんの参加を去年よりさらにに拡大して、全体の3分の1以上にしたいこと及び9月にニューヨーク国連本部で開催されるSDGsサミットに派遣する学生さんを募っていることをお話しし、衛藤会長に早稲田大学へのお声がけについてお願いしたところ、早稲田大学の総長が早稲田の国際化を非常に強く打ち出しているということで、お力添えをいただけるという心強いお答えをいただきました。
シンポジウムの開催を含め、国際連帯税の創設を目指す取組みを後押しできるよう頑張ります。
UME

IMG_1787.jpg

IMG_1797.jpg

IMG_1799.jpg
posted by resultsjp at 10:14| Comment(3) | 国際連帯税の推進
この記事へのコメント
慶應の学生も来るということでしたから、議論の早慶戦になりそうですね。他の大学の方にもお越しいただきたいですね。
Posted by ことり at 2019年06月14日 22:19
学生の組織的な参加は、裾野を広げる有力な方策です。早慶東商(商は一橋)は軸になれると思いますが、その他の大学も関心ある学生は多いと思われます。
Posted by ひら at 2019年06月15日 17:23
SDGsは幅が広いので、議論を広めていけたらいいと思います。
Posted by しん at 2019年06月18日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]