2019年06月15日

平和と健康の会(JAHP)の仲間づくりにご協力お願いします!

今週から(一社)平和と健康の会(Japan Association for Health and Peace:JAHP)の立ち上げのための会員募集活動、要は「仲間づくり」を本格化しています。先の結核勉強会の席では、理事長の浅野茂隆先生から、「平和と健康の会の理事長も務めています」とのご発言を頂きました。実際のところ、出席者には「平和と健康の会って何?」、という雰囲気もあり、これではいけないと思いました。


そして今しかない、最大のチャンス到来と感じた理由は、アフリカ健康構想が民間レベルで動き出したからです(613日のブログ参照)。第一回会合の参加者は、アフリカへの進出実績のある、あるいは検討されている先駆的な企業ばかりで、そのカバレッジも業種横断です。異なる業種の企業がアフリカ進出に関する共通課題の解決を共有し官の支援もお願いする、そしてアフリカの健康の達成、「誰一人取り残さない」というSDGsに向けて頑張ろう、という熱い気持ちが少数ながらヒシヒシと伝わってきました。


因みに、食品産業系の官民プラットフォームには、前職の食品産業センター時代に筆者が立ち上げに関わった栄養改善事業推進プラットフォームNJPPPNutrition Japan Public Private Platform )があり、設立3年を迎えています。こちらもアフリカにも目を向き始めているようです。


民間会合の熱い気持ちを、アフリカには関心をもつがまだまだという企業に直接伝えたい、語りかけたいということです。筆者がポリオの議連会合、GGG+フォーラム等の集客で伝えてきた熱い気持ちをJAHPでも、ということもできます。今のところ語りかけた企業は、キッコーマン、TOTO、タニタ、サラヤ、味の素、大塚製薬、富士フィルム、五十鈴商事の8社で、栄養、衛生、製薬、医療機器、商社、大企業から小企業まで様々の多様な企業集団です。どこも、熱い反応を示してくれている企業ばかりです。


最後にサラヤ森さんから頂いた熱いメッセージを皆さんに共有します。

https://sdgs.saraya.com/hygiene/100万人の手洗いプロジェクトが熱いです。

訪問先のスナップもお楽しみください。平和と健康の溢れる素晴らしい世界を目指すため、仲間づくりに協力をお願いします。                                                                                                                                                                             MK


IMG_2830.jpgIMG_2840.jpgIMG_2829.JPG




MK




posted by resultsjp at 15:51| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
母数を増やすことが先決。費用対効果の面では参加のメリットも重要です。アフリカ健康構想が課題解決の媒体となって、参加の誘因となり、有効なツールになると思われます。法人だけでなく個人も対象になると考えます。個人会費は安価でいいと思います。現に四国にそういう食品会社の社長がいます。
Posted by ひら at 2019年06月15日 17:31
MKのバイタリティに期待しています。応援団が増えるといいですね!
Posted by ことり at 2019年06月15日 17:46
熱い仲間が集まる場になるといいですね。
Posted by しん at 2019年06月18日 08:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]