2019年06月18日

本日の清掃@カンゲミヘルスセンター

日本リザルツケニア事務所では、カンゲミ地区で公衆衛生の改善のために、清掃活動を行っています。
本日もカンゲミヘルスセンターで清掃を行ってきました。
IMG_20190618_093412.jpg
ボランティア、CHV、警察官と一緒に、駐車場を重点的にごみ拾いをしました。
IMG_20190618_114645.jpg
ごみの内容はお菓子の袋や飴などの包みが最も多く、続いて、スナックとしてよく食べられているトウモロコシの芯、ペットボトルの容器などが目につきます。
ごみ拾いをしているそばから、ごみを捨てていく人もいますが、たまに1つ2つごみを拾うのを手伝ってくれる人がいると温かい気持ちになります。
コミュニティと毎月一緒に行っている清掃活動と合わせて、住民が参加してくれるように、私たちも活動を続けていきます。
Taki
posted by resultsjp at 22:47| Comment(3) | ケニア
この記事へのコメント
どうやって周りの人を巻き込むのか、戦略が必要ですね
Posted by ことり at 2019年06月19日 12:21
なぜポイ捨てを平気で行うのか。ゴミ箱があれば防止できるかもしれません。その理由を考えたいですね。
Posted by ひら at 2019年06月21日 17:43
一度ついてしまったくせ、習慣、思い込み、常識というものを変えるのはなかなか簡単なものではないのだろうと思います。
Posted by しん at 2019年06月25日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]