2019年07月08日

NGOサンキューセミナー

7月5日(金)に、日本リザルツの会議室でNGOサンキューセミナー「国際保健・理論と実務 〜抗生物質と人間、世界の保健政策〜」を開催しました。
今回は長崎大学の山本太郎教授及び国立国際医療研究センターの井上局長を講師にお招きして行いました。
また、参議院議員選挙で非常にお忙しい中、逢沢一郎事務所から政策秘書の竹山様がお越しくださり、逢沢先生のメッセージをお伝えしてくださいました。
山本教授からは、家畜を太らせるような抗生物質の濫用は薬剤耐性を引き起こす危険をはらんでおり、へたをすると抗生物質発見以前の状態に逆戻りしてしまう恐れもあるということ、人間は1,000種類以上、100兆個以上もの微生物(マイクロバイオーム)をまとい、それらと相互に作用しあって生きており、その関係をないがしろにした場合、どのような影響があるか予測が難しいことなどをお話しいただきました。
井上局長は、日本が世界に誇る国民皆保険制度は、今後団塊ジュニア世代を見送るまでの40年間が制度維持の正念場であり、現在の形で維持するということは考えづらいというほど難しい局面を迎えていること、日本の知見を世界にといった際に、成功事例だけでなく、先に高齢化を経験した国として、うまくいったことも困ったことも含め示すことがきっと他の国の役に立つというお話をしてくださいました。
また、今回は厚生労働省から鈴木康裕医務技監、結核予防会から加藤誠也結核研究所長にお越しいただいており、それぞれの近況や抱えている問題などについてご紹介いただきました。
講師からのお話が終わった後の質疑応答でも、講師から参加者へ逆指名の質問が投げかけられるなど、非常に熱のこもった議論が繰り広げられました。
セミナー終了後の懇親会もいつも通り大盛り上がりで、皆様のおかげでこのサンキューセミナーを続けられるということに、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。
UME
IMG_3004 (3).jpg

IMG_3005.jpg


IMG_3051.JPG

IMG_3072.JPG


IMG_3074.JPG


IMG-1927.JPG


IMG-1937.JPG



IMG-1957.JPG

IMG_3025.JPG

IMG_3034.JPG

IMG_3044.JPG

IMG_3042.jpg

IMG_3036.JPG

IMG-1938.JPG

IMG-1948.JPG

IMG-1946.JPG

IMG-1954.JPG

posted by resultsjp at 08:37| Comment(3) | サンキューセミナー
この記事へのコメント
大盛況だったようで何よりです。議事録を読むのが楽しみです。
Posted by ひよこ at 2019年07月08日 19:45
非常に引き込まれる濃い内容で、きっと皆様にもご満足いただけたのではないかと思います。
Posted by しん at 2019年07月09日 07:53
多くの方にお越しいただけて良かったですね。国民皆保険のお話は私もとても気になります。議事録楽しみにしています。
Posted by きのこ at 2019年07月10日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]