2019年07月09日

阿部外務副大臣、国際連帯税を発信>G7開発大臣会合(パリ)で

阿部副大臣A.JPG

74日パリでG7開発大臣会合が開催され、阿部俊子外務副大臣が出席しました。議題の一つである「持続可能な開発実現のための資金調達」について、副大臣は「国際連帯税を含む革新的資金調達の活用の必要性,持続可能な開発のための公的総支援(TOSSD)の議論における国連の関与の重要性について発信(…以下、省略)」されたとのことです。

【外務省報道⇒こちらから

●「持続可能な開発資金に関する宣言」と革新的資金調達メカニズム

開発大臣会合では「持続可能な開発資金に関する宣言」が採択されましたが、その第9パラグラフ(節)では次のように記述されました。「革新的な資金調達メカニズムの重要性を認識したG20 大阪首脳宣言に従って、我々は開発のための追加の資金を動員し、既存の資金の影響を増大させるのを援助するという我々の支持を表明する。…この問題を国際的なレベルで推進する上で、現在日本が議長を務める、開発のための革新的な資金調達に関するリーディング・グループの役割を歓迎する」、と。

FINANCING FOR SUSTAINABLE DEVELOPMENT: IMPROVING MEASUREMENT, MOBILIZING RESOURCES AND REALIZING THE VISION OF THE 2030 AGENDA AND THE SDGS

実際、G20 大阪首脳宣言ではその第26パラで次のように記述されました。「…我々は,開発のための国際的な公的及び民間資金,並びに,ブレンディッド・ファイナンスを含むその他の革新的資金調達メカニズムが,我々の共同の取組を高めていく上で重要な役割を担うことができることを認識する」、と。

G20 大阪首脳宣言⇒こちらから】 

8年ぶり>G20サミットでの「革新的資金調達メカニズム」記述

国際連帯税ウォッチャーから見ますと、今回の大阪サミット首脳宣言の中での革新的資金調達メカニズム」(*)記述は、2011年のカンヌ・サミット以来、実に8年ぶりというものでまことに感慨深いものがあります。

ついでにG/8サミットの方を見ますと、2005年(英国)、2006年(ロシア)、2007年(ドイツ)、2008年(日本)、2009年(イタリア)までは記述されていますが、2010年(カナダ)以降2012年(米国)、2013年(英国)、2014年(ブリュッセル)、2016年(日本)、2017年(タオルミーナ)、2018年(シャルルボワ)と記述なしでした(ただし、2015年(ドイツ)に記述あり)。

つまり、「開発のための革新的資金調達(メカニズム)」という考え方が実に8年ぶりに国際舞台に戻ってきた、と言えるでしょう。このカムバックは、河野太郎外務大臣の国際社会での国際連帯税発信であり、日本政府(外務省)の「開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」議長国就任であることは間違いありません。

*革新的資金調達メカニズム」という考え方は、2002年国連開発資金会議ではじめて議論されたものですが、この考えのもとに2005年にフランスが国際連帯税方式、英国が国際金融ファシリティ方式を提案するようになりました。

●国内でも「拡大版SDGsアクションプラン2019」に記載される

621日開催されたSDGs推進本部(本部長:安部総理大臣)で、「拡大版SDGsアクションプラン2019」が採決されましたが、これは本年9月の国連SDGサミットでの日本の「SDGsモデル」を国際社会に対して発信すること等を企図したものです。私たちは2018年にアクションプランが策定されて以降毎回(2018、拡大版20182019)と国際連帯税を含む革新的資金調達を記述することを要求してきました。そして今回ようやく下記のように「SDGs実施推進の体制と手段」の項に入れられました。

2030年までにSDGsを達成するには,年間約2.5兆ドルもの資金が不足していると言われる中,この資金ギャップを克服するためには,革新的資金調達の方法を考える必要がある。国際社会において様々な方法が検討される中,日本は『開発のための革新的資金調達リーディング・グループ』議長国として国際社会の議論をリードする(…以下省略)」、と。

【拡大版アクションプラン⇒こちらから】 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/dai7/siryou1.pdf

★写真は、G7開発大臣会合の記念写真(阿部議員のFBより)

(報告:田中徹二・グローバル連帯税フォーラム/日本リザルツ理事)


posted by resultsjp at 16:12| Comment(4) | 国際連帯税の推進
この記事へのコメント
外務省内の気運の高まりを感じますね。シンポジウムに向けていい話題が続いていて楽しみです。
Posted by ひよこ at 2019年07月10日 01:14
日本がリーダーシップを発揮していますね。
Posted by きのこ at 2019年07月12日 14:02
「継続は力なり」です。市民社会から社会を動かしましょう。
Posted by ひら at 2019年07月13日 16:14
他のステークホルダーでもこの流れを強めてゆかなくてはなりませんね。
Posted by しん at 2019年07月16日 07:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]