2019年07月23日

霞が関の魔法使い、ワシントンDCへ


先週末から霞ヶ関の魔法使いどーら(白須)は、717日から22日までワシントンDCでした。そして昨日帰国後も休むことなく要人との会合です。


恒例のIC会議(International Conference)と呼ばれる米国各州のボランティア代表が一堂に介して盛大に行われるAdvocatesの祭典には途中の参加となったことからどーらには参加者との旧交を温めるチャンスはありませんでした。代わりに、IC会合に続いて18日から行われたリザルツ教育基金(Results Educational FundREF)のパートナーの集まりであるACTION会議、そして最終日のリーダー会議に集中することになりました。2019年はACTION創設15年目の節目の年でもあり、リザルツの今後5年間の戦略について大所高所の議論が闘わされたようです。


また、ACTION会議終了後の白須とアルドウィンさんとの話し合いには、REF側からも多数担当者が集まってきたようです。それもその筈、今年は、4月のC20、6月のG20、来月のTICAD7、そして来年2020年のオリパラ、そしてN4G栄養サミットといった日本でのトップレベルの国際会議に加え、グローバル・ファンドやGaviの増資会合も控えているからです。いやが上にも注目度も高まり、グローバル・レベルの諸課題と日本の役割、その中での国際NGOである日本リザルツが如何なるアドボカシーを行うのか、どーらから直接話を聞くことができる貴重な機会となったようです。REFのジョアン・カーター代表もTICAD7に参加します。 東京チームもチームワークを発揮し暑い夏を乗り切り、気持ちよくジョアンを迎えたいものです。

                                               MK

KIMG0120 (3).jpg

常連さんも新顔さんも仲良くACTION会議
posted by resultsjp at 15:11| Comment(4) | 情報
この記事へのコメント
昨年の雷鳴の轟く中での世銀での会議も懐かしい想い出です。
Posted by ひら at 2019年07月23日 15:25
MKさんのサポートのお陰でどーらさんも大活躍だったようですね。お疲れ様でした。
Posted by ひよこ at 2019年07月24日 00:01
白須代表も、東京チームのみなさんも、お疲れ様でした。来月のTICAD7も楽しみですね。
Posted by きのこ at 2019年07月24日 15:34
国際連帯税シンポジウムの直前でしたが、お疲れ様でした。
Posted by しん at 2019年07月29日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]