2019年08月27日

ナイロビの地図

最近、タクシーの運転手さんに道案内をすることが多いため、ナイロビの地図を買いました。
276D372B-C63C-4708-BFF8-F8C5F4AE2E07.jpeg
ケニアは車社会です。
Uberと呼ばれるアプリケーションがあり、それを使って簡単にタクシーを呼ぶことができます。行きたい場所の名前さえ打ち込めば、GPSで今いる場所と到着地までのルートを検索し、配車をしてくれます。治安が悪くて、外を歩くのが危ないからかもしれませんが、機能は日本より発達しているかもしれません。

ただドライバーさんも様々。
気をつけていないと、遠回りをされたり、別の場所に連れていかれたりという問題も生じます。地図で道路を把握していれば、トラブルも減ります。

4FCCC5E6-CA96-41AC-A6DB-8593C7F6A247.jpeg
地図の全体はこんな感じです。
実際に使ってみると、地図にない道がたくさん。
そう、今ナイロビは道路建設ラッシュなのです。特に中国企業の支援で作られているバイパスがどんどん増えています。

3C541917-D4E7-4FC9-8C04-5ED04C18E47E.jpeg
活動を行っているカンゲミ周辺はこんな感じ。
実際は地図にない細かい道がいっぱいあります。
ちなみにタクシーの運転手さんは、カンゲミヘルスセンターなどの病院や商業施設に行くのは慣れていますが、官庁に行くのはあまり得意ではないようです。名前が紛らわしく、皆さんあまり行かないからだそうです。しかも、ケニアは、日本と違って個別の施設に詳細な住所(番地など)がありません。道と建物の名前だけを頼りに目的地に向かわないといけません。

特に筆者がよく行く保健省と外務省は、「どこ?」となり、詳細な道案内が必要です。
道案内のスワヒリ語ができるようになり、ますます逞しくなりそうです。
(かめ)
posted by resultsjp at 15:42| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
右左が言えるようになりましたね。
Posted by ひよこ at 2019年08月27日 15:53
ケニアは大きい国ですね。
Posted by ひら at 2019年09月01日 20:53
日本で生活していて当たり前に思っていることで、こういう点も違うのですね。
Posted by しん at 2019年09月06日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]