2019年08月27日

TICAD 7 IFPRI Side Event


GGG+フォーラムより一足早く、本日、8月27日にイフプリ主催のセミナーが、TICAD・サイドイベント会場(「アネックス」E)で開催されました。東京ではGGG+フォーラム準備の真っ最中ではありますが、日頃から、また今後の日本リザルツとイフプリとの関係強化の視点もあり出席させて頂きました。因みに、会場の「アネックス」は、天井が高い、一見するとホテルにも似た風情の落ち着いた会場です。長テーブル3席の椅子が並べられ、総数200人収容ということで、全体としてはゆったりとした会議風景でした。アフリカ農業・栄養に関する大学の講義風景そのものでした。これも経済研究機関であるイフプリらしさといってもいいでしょう。


筆者は、旧知のイフプリの日本本人研究者である山内氏にいち早く会うことができました。程なく前JICAIFNA創発者のE氏も見え、今日のプログラムについて主催者トップによる打ち合わせが始まりました。筆者は、場外で入室状況を確認し、イフプリに興味ありそうなアフリカ人に声掛けなどしました。偶然にもガーナ大学の農業経済学部のJatoe博士と会い、味の素のKOKOプラスの状況などが議題になると伝えると出席したいということで、早速山内氏に紹介、Jatoe博士は小生についでNo2の出席者となりました。名刺交換をし、29日のGGG+フォーラムでの栄養セッションの紹介も欠かしませんでした。


全体的には、30分前には人影がなく心配しましたが、始まってみると100名近い人が熱心にプレゼンターの発表に耳を傾けていました。客層は、議員、政府関係者等ハイレベルの出席者はみられず、殆どが、研究者、専門家の方々と見受けられました。全体プログラムは、iPhoneに保存してあるので後日整理分析してみたいです。気になるトピックスは、学校及び市場を媒体とする子供の栄養改善(国立環境研究所及び味の素ファンデーション)栄養価の高い野菜(カゴメ社:セネガル)、栄養と女性のエンパワーメントを強化する魚の「すり身」(NPO法人海のくに・日本)でした。


GoalAre Japanese advanced technologies and know-how effective to address food and nutrition challenges in Africa?


答えは勿論Yes!!これを機会に、事業のpartnerとなるべき民間企業、NGOがこの課題に果敢にchallengeしてもらいたいものです。今後の課題は、総括発言者のE氏によれば、How to scale upです。イフプリと日本リザルツの連携強化がぐっと高まった半日でした。さて、明日早朝からGGG+フォーラム準備作業です。暑さに負けず頑張りましょう。


MK

 IMG_3360.jpg



 IMG_3335.jpg


 IMG_3414.jpg     

posted by resultsjp at 19:24| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
いよいよTICAD7が始まりますね!ケニア外務省アジア部にいったら、人が全然いませんでした。
Posted by ひよこ at 2019年08月27日 20:16
この会場は大変良かったです。パネルディスカッションの時間がなく残念でした。
Posted by ひら at 2019年09月01日 20:52
同じ公式サイドイベントでも、随分と会場が違いますね。
Posted by しん at 2019年09月06日 08:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]