2019年09月01日

ナイロビのスラム

ある日のこと。


運転手:シロー(筆者のケニア名)はケニアで何してるの?

私:スラムで結核患者さんを助けているよ

運転手:どこのスラム

私:カンゲミ

運転手:カンゲミはスラムじゃないよ。Just congested (人口密集地)だよ。


え!?カンゲミってスラムじゃないの?私、ずっと「日本リザルツはケニア・ナイロビ市のスラム街、カンゲミ地区で」って書いていたのに…


調べてみると、カンゲミはスラムと書いてある資料もあり、説が色々。

現地のことは現地の人が一番詳しい。ということで、ナイロビのスラムについて、現地の人に聞いてみました。以下が聞き取りのまとめになります。


全員がスラムと言った場所:

Kibera(写真はインターネットより)

Kibera image.jpg

東アフリカ最大のスラム。80万人以上が住んでいるとされる。観光客向けのキベラスラムツアーなるものが行われており、スラムであることを売りにしている地域。



Mathare(写真はインターネットより)

Mathare image.jpg

ナイロビでもっとも古いスラム。人口はおよそ50万人。

ケニヤッタ大統領を支持するキクユ族と野党オティンガ氏を支持するルオ族が住んでいる。違法薬物がまん延し、ギャングの抗争が後を絶たないため、ナイロビで一番治安の悪い場所である。現地人でも行かないとのこと。



人口密集地、低所得者層が暮らす場所。(一部はスラム):

われらがKangemi(筆者撮影)

kangemi 1.jpg

人口密集居住区。ナイロビ市内に住みたいが、家賃を安く済ませたい人が住んでいる。

ただ、バラックの数は少なく、アパートメントやきちんとしたコンクリートの家が建つなど経済発展が進んでいる。

kangemi 2.png

カンゲミにあるアパート。KiberaやMathareにはないそう。

高級住宅街(ウエストランズ、ラヴィントン)に近いため、他のスラムと言われる地域に比べ、治安がいいそう。それでも日本に比べたら危険極まりないので、リザルツでは常時私服警官を付けて活動しています。


Kawangware(写真はインターネットより)

Kawangware 1.jpg

カンゲミ同様、人口密集居住区。住人の所得はカンゲミと同じくらい。

Kawangware 2.png

ただ、カンゲミに比べ治安が悪い。野党:オティンガ派を支持するルオ族とルイヤ族がここに住んでいるため、大統領選挙の際、デモが起きるのはこの場所である。

厳密にいうと、ナイロビ市とキアンブ市の境界である。


一部スラムという人もいるけど…?

Dandora

Dandora image.jpg

ごみの最終処分場がある場所。作業者の中にはここにバラックを建てて住む人もいる。

最終処分場のごみから、金属、びん、プラスチックなどの使えるものを集めて販売している人もいて、ケニアの皆さんによると、「ケニアのスモーキーマウンテン」とのこと。ここも危険。


ケニアの皆さんは、バラックであるかコンクリートの建物か、構造物の違いでスラムかそうでないかを判断しているようです。


ちなみに、国連人間居住計画(UN-Habitat)は、スラムの世帯とは、以下の項目が一つ以上欠如している世帯と定義しています。

1.改善された水へのアクセス

過度な身体的努力時間を必要とせず、適量の水が手ごろな価格で入手できる。

2.改善された衛生施設へのアクセス

私用トイレまたは妥当な人数で共用する公共のトイレの形態で、排泄物処理設備が利用できる。

3.住み続けられる保証

住居の確実な賃貸または所有の状態の証として、または強制退去からの保護のために、使用できる証拠または文書がある。

4.住居の耐久性

危険のない土地に永続的で適切な構造で施され、降雨、寒暖、または湿気といった気候条件が極度に至っても居住者を保護できる。

5.十分な生活空間

同じ部屋を共用するのは最高3名までである。


全ての人が、健康且つ、尊厳を持って暮らすためにも、どのような街づくりをしていけばいいのか、きちんと考えていく必要があると感じました。


筆者の素朴な疑問に真剣に付き合ってくれた皆さん。本当にありがとうございました。

(かめ)

posted by resultsjp at 01:09| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
定義そのものをしっかりと考える必要がありそうですね
Posted by ひよこ at 2019年09月01日 16:34
課題が多そうですね。生活環境を整えることから始める必要がありそうです。
Posted by ひら at 2019年09月01日 20:58
確かに、スラムという言葉に対してなんとなくイメージを持っていただけでした。
Posted by しん at 2019年09月06日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]