2019年09月12日

Stop TB Partnership 代表のルチカ・ディトゥさん来日


 Stop TB Partnership 代表のルチカ・ディトゥさんがTICAD7に参加するため、8月末訪日され、TICAD 7や日本リザルツ主催のGGG+フォーラム@TICAD 7にご参加いただいたところですが、この機会に、厚生労働省鈴木医務技監、財務省岡本事務次官など日本政府関係幹部との意見交換の他、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社主催の「Digital Health && Data-Driven Innovation 及び「日経アジア・アフリカ感染症会議2019」などTICAD7公式サイドイベントにも参加したとの「The Stop TB Partnership Announcement - 10th September 2019」を受領しましたのでご紹介いたします。



政府関係者との意見交換では、結核の根絶に向けた日本政府とのパートナーシップの強化の必要性を強調しました。また、「Digital Health && Data-Driven Innovation」や日経アジア・アフリカ感染症会議2019等では、UHC や2030年までの結核根絶のためには、AI、ブロックチェーン、デジタルヘルス解決手法、遠隔医療などにおけるスタートアップ企業や日本企業の技術的解決手法が重要であることを強調されました。

69888214_10218948840768056_4015708161636827136_n.jpg

ルチカさん、引き続き日本リザルツへのご指導ご協力お願い致します。 

MK

posted by resultsjp at 17:11| Comment(3) | 情報
この記事へのコメント
結核抑止のムーブメントが加速するといいですね
Posted by ひよこ at 2019年09月12日 18:48
来日の前後には、韓国やシンガポールの会議に参加されたと伺っています。お疲れ様でした。
Posted by しん at 2019年09月17日 07:48
トップレベルのアドボカシーですね。おめでとうございます!
Posted by ひら at 2019年10月02日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]