2019年11月17日

ヘルスセンターのストライキ

先週、ナイロビカウンティでは、公立のヘルスセンターに勤める医療従事者(医師やナース)などが、ストライキを実施していました。

カウンティに対し、賃金の上昇を求めるために行ったものです。

現地の報道によると、労働組合とカウンティ側で話し合いがもたれ、一時的にストライキは中止となった模様です。



85219E5E-22B5-450C-BEF5-CB6174536FDB.jpeg
19F74340-6645-4D96-9BA4-25E0C32B6B52.jpeg
カンゲミヘルスセンターもがらがらでした。

一部の事務職員やボランティアさんはきていたので、一緒に普段できない場所をきれいにすることにしました。
9A18A474-3822-4931-883B-53AF1CF599C9.jpeg
この日はみなさんと一緒にカーテン洗いをしました。
B5959BFF-06FF-415E-A60E-C40B726F5139.jpeg

1週間のストライキの期間、ナイロビカウンティの全ての公立のヘルスセンターが閉まっていました。私立病院は開いていましたが、医療費が高く、一般の人、特にカンゲミなどに住む低所得者層の人は利用することができません。

UHCはケニヤッタ大統領が掲げるBig4アジェンダの1つです。また日本もJICAがUHCを達成すべく、円借款をするなどの支援をしています。全ての人が医療サービスを受けられるような行政サービスを構築するにはどうしたらよいか、知恵を絞っていきたいと思います。
(かめ)
posted by resultsjp at 16:35| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
最終的な享受者に恩恵が行き届くような政策提言とモニタリングがしたいですね。
Posted by ひよこ at 2019年11月17日 21:32
医療従事者の待遇改善というのも、UHCの達成には重要ですね。
Posted by しん at 2019年11月18日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]