2019年12月23日

栄養アドボカシー

2020年が間近に迫り、成長のための栄養(N4G)サミット(2020年12月17日,18日の予定)まで1年をきってきました。
日本リザルツではN4Gサミット、またそれ以降にも日本の経験や実績を世界に対して適切に発信し、国際的な栄養改善に貢献できるような仕組みづくりをするため、会合を行っております。

IMG_5127.JPG

IMG_5129.JPG

IMG_5136.JPG

IMG_5131.JPG

栄養を含め、国際保健に関してはマルチセクターでの取組みといった表現をよく目にします。なるべく多くの人を巻き込んで、それも対等な立場で議論を展開するということにおいては、日本リザルツはそのマルチセクターでの取組みを行う上でいい位置にいるのではないかと感じています。
様々な方々と意見を交換して、より良い案を作っていきたいと思います。
UME



posted by resultsjp at 12:16| Comment(2) | 栄養問題
この記事へのコメント
NGOという立場を活かして、あらゆるスタークホルダーを繋ぐ役割になれることを期待しています
Posted by ひよこ at 2019年12月23日 15:13
様々な方々がいらっしゃるので、そこから新しい試みや気づきなどが出てくるといいなと思います。
Posted by しん at 2019年12月25日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]