2020年03月26日

「日本、リーダーシップを」 WHO事務局長補

世界保健機関(WHO)事務局長補の山本尚子氏へのインタビュー記事が2020324日の朝日新聞に掲載されました。

324日に か さんが同じ記事について投稿されたのですが、当方も投稿したくなりました。


記事を読んで「低所得国、紛争国など医療が脆弱な国での感染の広がりが大きな問題になる」という言葉を聞き、この記事の主題からは若干ズレるのかもしれませんが、当方が以前に暮らしておりました低所得国の様子を思い浮かべずにはいられませんでした。


そのような国の中でも色々な環境がありますよね。隣の家まで距離があるような農村部地域の方がむしろ安全なのではとも思いますが、仮にそのような地方で患者さんが出てしまった場合、その患者さんはどうなってしまうのか。最低限の医療サービスを受けることができるのか。少し大きな街まで治療に出かけることができるのか、どうやって大きな街まで出るのか?トラックの荷台?屋根のついた乗り合いタクシー?二次感染?一方、都市部には人口密度の高い居住区も存在します。そもそも、首都であったとしても適切な診断が出るのか?


非常に難しい問題ですが、日本の技術や支援がこのような地域にも届くことを祈っております。


M


IMG_0417.jpg

posted by resultsjp at 18:48| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
農村部もそうですが、都市部のスラムのような場所にコロナが入ったらどうなってしまうのでしょうか?ロックダウンはできますが、したらしたで、その日暮らしの人はどうすればいいのでしょうか。今回の問題は複雑ですし、様々な観点から対策をとらなければならず、明確な答えもまだないため、各国政府も手探りな状態が続いているのだと思います。
Posted by ひよこ at 2020年03月26日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]