2020年04月30日

開発間近な新型コロナ感染のトレーシングアプリ

 新型コロナ感染の拡大を抑えるため、感染を追跡するスマートファンのアプリ開発が日本でも進んできています。30日夕、日本リザルツ事務所で、アプリ導入に協力的な自治体関係者とアプリ開発の核になっている民間の一般社団法人「コード・フォー・ジャパン(CFJ)」、日本リザルツスタッフでモバイル会議を行いました。

シンガポールでは先行してすでにアプリが開発されリリースされました。しかし、プライバシー保護の懸念からダウンロードが広がらず伸び悩んでいます。日本政府はこうした懸念を払しょくするべくガイドラインを作りました。

この日、CFJが現時点までの開発状況、システムについて詳しく説明、自治体側からは保健所の負荷が増えないかといったことやプライバシー保護、システム運用に伴う疑問をぶつけ、非常に有益な議論になりました。このアプリは今後、経済活動を再開するうえで感染を可視化する大きなツールになります。アプリが効果を発揮するためには、市民の少なくとも6割、できれば8割がダウンロードする必要があります。詳しくは現時点では明らかにできませんが、日本リザルツがネットワークを駆使して調整したことが、アプリの1日でも早い運用に役立つことを願っています。(杉)


posted by resultsjp at 22:15| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
どこまで強制力を働かせるかと、どこまで国民のモラルで登録できるかのバランスが重要な気がします。アフリカだと、ロックダウン時同様これを強制登録させ、やらない国民を罰するとなるのでしょうが…(苦笑)
Posted by ひよこ at 2020年05月01日 00:50
このアプリによって保健所の負担が減ることを祈っています!
Posted by MU at 2020年05月02日 00:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]