2020年06月15日

50年後の灼熱


 日曜日の新聞で、米科学アカデミー紀要が、論文を発表し警鐘を鳴らしていました。

 50年後、人類の3分の1が暮らす地域が、灼熱の大地に変貌!と。

 SDGsの中でも気象問題は、2030年までに解決すべきという事で、世界共通の課題となっています。

 なぜあと10年以内なのか、この記事を読み、一層実感しました。

 0615温暖化.JPG

 気温上昇を1度抑えれば、約10億人が厳しい暑さから救われるそうです。 (Nom)




posted by resultsjp at 15:37| Comment(2) | SDGs
この記事へのコメント
ケニアは低温、大雨の異常気象が続いています。暑さはもちろん、大雨や干ばつなどの異常気象についても考えないとと思っています
Posted by ひよこ at 2020年06月15日 23:56
気候が変わるということは、今まで育っていた作物が育たなくなる可能性もありますよね。「食料安全保障」の問題も関係してきますね。なんとかしたいものです。
Posted by MU at 2020年06月19日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]