2020年06月25日

選挙教育をきっかけに〜 本当の教育とは

今週末、東京都知事選(75日投開票)は、選挙権を有する年齢が18歳以上に引き下げられてから2度目の都知事選となるそうです。


新型コロナウイルス拡大により、テレワークでの教育が浸透している一方、「選挙教育」を実施している教育機関は少ないのが現状です。


E696B0E8819EE8A898E4BA8B_0624_page-0001.jpg


学校教育の中で、大人たちが、人間として最も大切な事を伝えられていたら―。


他者を認め尊重することは重要です。民族、文化、生活習慣、価値観、思想、容姿 などの違いによって、差別的な気持ちを持たなければ、そういった人達が紛争・戦争・差別を起こすことはないでしょう。

そうすれば、学校・社会へ出てからも、いじめ・差別は発生しないと思います。


SDGs問題解決の為に必要な教育とは、学力ではなく、他者との違いを尊重し、協調する心だと感じます。


『学生への選挙教育』を機会に、今こそ昔あった「道徳教育」に重きを置いても良いのかもしれません。 

どのような人材が忖度なく、リーダーシップを発揮されるか、見極める力は、社会に出てからも活きてくるかと思います。(Nom

posted by resultsjp at 17:07| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
お祭り騒ぎをするだけでなく、22人の候補者の皆さんには、東京をより良い街にするためにどうすればよいのか実のある議論を行っていただきたいです。
Posted by ひよこ at 2020年06月25日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]