2020年07月21日

「GGG+フォーラム」番外編 学生セッション(下)

2020713日(月)に行われたGGG+フォーラム。アンケートの中では、「同世代の学生の皆さんの意見や問題意識を感じ、刺激になりました」「もう少し議論をしたかった」という声も寄せられました。


以下、学生さんと登壇者とのやり取りを紹介させていただきます。後半です。


IMG_6800.JPG
P1290342.JPG
IMG_6915.JPG

【ランチセッション】


宇都宮大学・藤倉理子氏

今日は不要不急ではないと言い聞かせて、宇都宮から出てきました。この会場では、みんなでマスクを外してご飯を食べています。招待されている身分で本当に失礼な質問ではありますが、この会場、距離、食事の仕方というのは専門家から見てどうなのでしょうか?これからの生活の中でどこまで気にしていくべきなのでしょうか?


長崎大学・山本太郎氏

個人的には、集団が緩やかな感染の中で免疫を獲得することが大切だと思っています。20年、30年ノーリスクで感染しないというのを目指しているわけではなく、コロナ感染で亡くなりそうな人を救っていくことが大切です。リスクの許容は年齢によっても異なります。今日のような場所は高齢者で行わればリスクが高いでしょうし、学校でこのような形で食事を摂るのは今の段階で許容できないほどのリスクではないのかもしれません。それぞれのシチュエーションで違うし、それをどう捉えるかについて統一的な一つの基準があるのかというのも難しい問題です。


国際感染症センター・大曲貴夫氏

三密で考えると、まず密閉されているかどうかです。ここはそれなりの空気の流れがあるので大丈夫だと思います。次に、距離の理想は2m。でも、2m空けて社会生活をするのは正直なところ結構大変です。もちろん取れるのであれば取った方が良いですが。そして、親密かどうかです。食べたり歌うことで飛び散ったコロナウイルスを他の人が吸うと感染の可能性があります。それを防ぐためにはマスクをします。マスク着用の効果は、自分がかからないようにというよりは、むしろ、こういう場で他の人にうつさないようにすることにあります。論文も出ています。そのようなわけで、マスクをしていれば大丈夫ではないかと思います。3密を厳密にやろうとすると社会生活が難しいですが、それをマスクで補うという感じです。


宇都宮大学・藤倉理子氏

食事のときはマスクを外さないといけませんよね?


国際感染症センター・大曲貴夫氏

よく言われることですが、食事の時は外さざるを得ないですよね。ただし、食事の時はリスクが高いと言われています。病院の中でのインフルエンザ・アウトブレイクは職員の休憩室で起きます。距離を取る、換気をよくする、喋らない。


宇都宮大学・藤倉理子氏

しゃべらないで食べれば大丈夫ですか?


国際感染症センター・大曲貴夫氏

つまらないですけどね、黙々と食べることでいいんです。


霊長類医科学研究センター・保富康宏氏

集団免疫を獲得するのが一番の近道ですが、スウェーデンのようにノーガードでやってしまうのは乱暴ですね。若齢の方は症状が軽いしウイルスの排出量も少ないです。徐々に集団免疫を獲得するのが理想的だと思います。冬とは関係ありません。夏になれば自然終息するのかといえば、そうでもありません。沖縄でのインフルエンザのピークは8月です。多分、三密がインフルエンザを増やしているだけです。先程の大曲先生の注意点を守って、その中で生活の楽しみを見つけていくのが個人的には良いと思います。



3-1部】

アメリカ創価大学・滝川伸作氏

官民連携について、官としては民があってこそ、民としては官の援助があってこそ上手くいくというような、実際の事例について教えていただけますでしょうか。


回答者不明

官民連携の中でサスティナブルな事業を追求していきたいと思います。たとえば2020年まで頑張るというのではなく、もっと、企業が自主的に自分たちのビジネスとして発展できるような形です。官民連携でやっていますと言うと相手国政府の対応が良く、会って話を聞いてくれます。もっとも、ある程度の期間をもってプロジェクトを進めないと良い結果が出ないのが大変なところです。


経済産業省・西野健氏

海外では国と国の結びつきが大切ですので、国がこういう政策に基づいてやっていますと説明すると物事が進みやすいです。国内でもレジリエンスに関連し、サプライチェーン自身が今回コロナの関係で寸断されてしまいました。そういう部分は、経済的な合理性に基づいて各国に工場を建築した結果、ひとつが分断されると物が回らなくなってしまいました。そういうところを超えて準備をしないといけないとなると、収益性の観点からも国のサポートが必要になってきます。



3-2部】

早稲田大学・渡邉優紀氏

WHOの山本尚子先生にお聞きしたいです。「塩分・糖分の生産から流通までを総合的に見直す」とおっしゃいましたが、もう少し具体的説明をお願いいたします。

P1290332.JPG

WHO・山本尚子氏

中低所得国では加工食品を使う頻度が増えています。肉や魚を加工する段階で、国内・海外で色々なものが加えられます。そのような中、どのように安全で健康的で栄養的な食品をコントロールするのかという問題があります。全体を見ていく、トレースする必要があります。一方、塩分のみ、糖分のみに注目するよりも、他にどういうものがテーブルに乗ってくるのかという組み合わせの中で、全体を見て栄養価が高くヘルシーな食事になり、それが所得格差に関わらず購入可能で持続可能になると、総合的な政策が必要不可欠になっています。


M


posted by resultsjp at 17:00| Comment(2) | GGG+フォーラム
この記事へのコメント
次のフォーラムではもっと学生さんとの交流が深められるといいですね
Posted by ひよこ at 2020年07月21日 19:38
学生さんにとって良い刺激になったのでしょうね!
Posted by MU at 2020年07月22日 15:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]