2020年07月31日

新型コロナのワクチン確保と秋野公造先生 〜2020年7月30日公明新聞等〜

2020730日の公明新聞に、参議院議員・秋野公造先生に関する記事が掲載されていました。秋野先生は、公明党のワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム(座長=高木美智代衆議院議員)の事務局長を務められています。713日に日本リザルツ開催したGGG+フォーラムにおいては、ランチセッション:新型コロナ対策に関するディスカッションでモデレーターを務めて下さいました。


記事によると、政府が新型コロナワクチンに関する研究開発と生産体制整備を加速させるため、「生産体制等緊急整備基金」を創設するなどの動きを取り上げた上、秋野先生が、国会質問で公明党の提言をもとに「海外品確保へ交渉を、予備費も活用し対策強化」すべきと呼びかけた旨が、紹介されていました。


秋野先生は、716日の参議院予算委員会で質問に立たれました。

この中で秋野先生は、稲津久(いなつひさし)厚労副大臣に「世界的にワクチンの確保が進んでいるが、日本は間に合うのか、量を確保できるのか」と「ワクチン確保に向けた決意」を問われました。

それに対して、副大臣からは「二次補正で計上した約二千億円の予算を活用し、必要な場合には新型コロナウイルス感染症対策予備費の活用し、ワクチンの確保に全力で取り組む」という力強いお言葉が返されました。


今年6月、日本政府はコロナ対策予備費に10兆円を計上しました。使うべき時に、使うべきところにお金を使う…政府によるワクチン確保の取り組みと秋野先生のご活躍を陰ながら応援しております。


M

unnamed.jpg
posted by resultsjp at 17:41| Comment(2) | コロナ国際事情
この記事へのコメント
秋野先生、いつもありがとうございます!
Posted by ひよこ at 2020年08月02日 15:52
GGG+でのモデレーターも素晴らしかったです!
Posted by MU at 2020年08月04日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]