2020年08月19日

公明党の斎藤鉄夫幹事長〜COVAXファシリティー

新型コロナウイルスのワクチン確保が喫緊の課題となっていますが、公明党の斎藤鉄夫幹事長が稲津久・厚労副大臣と遠山清彦・財務副大臣と会合し「COVAXファシリティー」への参加を提言されたそうです。


これは素晴らしい動きだと感じました。


現在、日本政府は海外の製薬会社2社からワクチン供給を受けることに基本合意していますが、これらワクチンの開発が成功しないリスクもあります。ですから、COVAXのような国際的な枠組みを利用することで、ワクチン確保の可能性を高めることが求められているように思えます。


M


unnamed.jpg
posted by resultsjp at 19:28| Comment(2) | コロナ国際事情
この記事へのコメント
そうですね、自国のみではなく低所得国支援にもつながりますね。
Posted by MU at 2020年08月19日 20:55
COVAXって?というところから、関心を持つと、世界的な問題に子供たちもコミットできそうですね。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年08月20日 16:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]