2020年08月27日

COVAXファシリティこそ、地球規模の解決策!

 8月26日の朝日新聞において、日本リザルツが推進している「COVAXファシリティ」について、Gaviワクチンアライアンスの事務局長であるセス・バークレー氏のインタビュー記事が掲載されました。バークレー氏は、「地球規模の解決策が必要だ。周辺国にもワクチンが行き渡ることが、結局は自国の利益にもなる」と述べられました。
 国際社会においてワクチン争奪戦やワクチン・ナショナリズムが危惧される中、COVAXは多国家間の協調とワクチンの公平な分配に大いに貢献すると考えられます。
 誰もが安心して暮らせる生活が待ち遠しいですね。

(園田)

IMG_0496 (1).jpg

posted by resultsjp at 16:47| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
感染症は国境を超えますので、途上国も含めてすべての国で対応したいところですね。
Posted by MU at 2020年08月27日 22:15
グローバル社会により生まれた新たな問題(感染症の広まり)は、全ての国が1つになって取り組むべき事ですね。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年08月31日 10:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]