2020年09月24日

国連75周年 

国連は75周年を迎えますが、その存在感が薄れているとの記事が9月23日の朝日新聞に掲載されましたので紹介します。

コロナを巡り米中が対立し、安保理改革では拒否権の発動が増え、需要問題の合意達成が困難になっているとの事。

対立ではなく、協調してコロナや全世界の問題に取り組むべきと考えますが、なかなかそうはなってくれないようです。
(か)

IMG_0509.jpg
posted by resultsjp at 18:08| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
こういうときこそ各国が「思いやり」な気がします。
Posted by 忍のにんは忍者のにん at 2020年09月25日 00:43
国連は、世界の中でニュートラルな立場を保ってきました。
それが、崩れかけているのかもしれません。 社会と同じで中堅社員も上級職も部下に対しては、常に中立的でなければならないのと同じで。
国連が、そんな不信感を吹き飛ばすよう頑張って頂きたいです。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年09月26日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]