2020年09月27日

菅総理大臣の国連総会演説

米ニューヨークで国連総会が開催されています。

先日就任された菅総理大臣も、初の一般討論演説に臨まれました。

演説の半分以上がコロナに関する表明で、新型コロナウイルス感染を克服するための国際社会の取り組みに貢献する意向を示しました。具体的には、医療・保健分野での1700億円超の対外支援のほか、2年間で途上国経済を支える最大5000億円の円借款を行うということです。

また、来夏の東京五輪・パラリンピックを「安心、安全な大会」とするよう全力を挙げると強調されていました。


報道はこちらを参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200926/k10012635731000.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64289060W0A920C2AM1000/

前文はこちらから参照:国連総会演説(首相官邸HP

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/0926enzetsu.html

英語のサイトはこちら:

https://news.un.org/en/story/2020/09/1073822


国連総会に先駆けて、日本は9月上旬、COVAXファシリティ―に172億円を拠出することを決定しています。

http://resultsjp.sblo.jp/article/187922216.html

新型コロナワクチンについては、各国がワクチン争奪戦を繰り広げる中、途上国を含む各国に公平に流通させるための全面的な支援について言明された点に感銘を受けました。

これからも菅新総理大臣のもと、更なる日本のリーダーシップ発揮に期待したいです。

(半沢直子)


posted by resultsjp at 00:44| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
これからどのようなカラーが出てくるのか楽しみですね
Posted by 大和田あきこ at 2020年09月27日 17:20
初の外交デビューですね。応援しております。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年09月27日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]