2020年10月11日

朝令暮改、ケニアの学校一部再開へ

新型コロナウイルスの影響で公立学校を全て閉鎖し、今年度は休校、全員留年と決めたケニア。

急転直下、試験がある学年の子どもたちのみを対象に月曜日から学校を再開することを決めました。なんと、試験も行うそうです。

https://www.capitalfm.co.ke/business/2020/10/grade-4-class-8-and-form-4-learners-to-re-open-school-next-week-cs-magoha/

https://www.the-star.co.ke/news/2020-10-07-why-schools-are-reopening-earlier-for-grade-four-pupils/

https://www.capitalfm.co.ke/news/2020/10/class-8-form-4-learners-to-report-back-to-school-on-monday/


大変なのは現場の先生や大人たちです。

ナイロビの小学校は日本の教室と同じほどの1つの部屋に100人の子どもが集まる三蜜空間。

いきなり学校が再開されることが決まったため、先生たちは子どものソーシャルディスタンスをどう確保するのか対応に追われています。政府は施設整備のための費用を、世界銀行などから融資しているようですが、各学校には届いていません。


また、対象となる子どもたちの親は学費の確保をする必要があります。ケニアの公立学校では授業料は無料ですが、学校の諸経費を支払う必要があり、3か月で1500円から2000円かかります。コロナ禍で仕事を失った親も多く、学費工面に苦労しているようです。


本当に月曜日に予定通り、学校が再開できるのか?

状況を注視したいと思います。

(ぴよ)


posted by resultsjp at 01:02| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
当事者を考えないとはまさにこのことです(涙)
Posted by 崖っぷちのぼにょ at 2020年10月11日 01:04
突然の急展開、子供たちは学校で仲間に会える、学べる喜びとは裏腹に、三密の環境と費用問題。次から次へ・・・。教育支援が届きますように。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年10月15日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]