2020年10月17日

Gaviのセス・バークレーCEOの寄稿が公明新聞に!

新型コロナウイルスのワクチン共同購入の国際的枠組み「COVAXファシリティー」。
日本も正式参加と172億円の出資を表明しています。

こちらに関して、Gaviワクチンアライアンスのセス・バークレーCEOの寄稿が、本日付の公明新聞に掲載されました。
Seth COVAX 1017-min.png

日本リザルツは長らくGaviワクチンアライアンスの応援をしています。
Gavi関連の拠出については、6月に行われた第三次増資会合で、日本政府が前回の3倍以上となる3億ドル(330億円)のプレッジを表明したばかり。嬉しいニュースが続いています。

COVAXを通じて、途上国を含め、全ての人に公平にワクチンが届く仕組みが出来上がることを期待しています。
(ぴよ)

posted by resultsjp at 17:50| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
公明党の皆さんのお力添えに本当に感謝ですね
Posted by デイジー at 2020年10月17日 17:55
公明新聞は菅総理も毎日お読みになっているそうです。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年10月19日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]