2020年10月27日

マルチ・エージェント・シミュレーション(MAS)

アフリカ研究をされている方の記事が毎日新聞に掲載されておりました。

そこには、MAS(マルチ・エージェント・シミュレーション)という手法について書かれておりました。
牧畜民を想定、現地の気候条件、植生、家畜数、放牧ルート等、様々なリアルデータを取り込み、
相互作用させ、模擬実験によってどのような現象が起きるかを予想する手法です。

この記事を読み、アフリカの人達の生活に、しっかりと寄り添って将来を想定している研究だと感じました。
先進国の成功例を現場にあった形で導入する事、安全を保障することの大切さについて考えさせられました。
                                         (Nom)
アフリカの平和_page-0001.jpg
posted by resultsjp at 18:17| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
新しい分析MASについて具体的に知る事ができました。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年10月27日 18:46
現場に熱心に通っていらっしゃる研究姿勢に好感がもてました
Posted by デイジー at 2020年10月27日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]