2020年12月22日

GGG+小フォーラム2020:第1部GGG+セッション

まずは第1部のGGG+セッションの様子をご紹介します。

結核予防会の小野崎郁史先生の司会で第1部が始まり、各省庁や関係企業、学生も参加し、主に結核の現状やコロナ禍での保健分野について議論がされました。

まずは、会の開催に際し、内閣総理大臣補佐官の和泉洋人様から、日本の国際保健における役割とGGG+フォーラムに期待することについて、メッセージをいただきました。日本リザルツの20歳のインターン園田開が代読させていただきました。
173(小野崎司会).JPG

続いて、厚生労働省正林督章健康局局長からコロナ禍での結核対策についてお話いただきました。
157(正林).JPG

外務省国際保健政策室の江副聡室長からは、ご自身が中心となり携わられた2018年の国連総会結核ハイレベル会合からの歩みと今後の課題について、ご意見をいただきました。
175(江副).JPG


ここからは結核抑止に向けた日本の技術の紹介です。
大塚製薬の川ア昌則様からは、世界各国の多剤耐性結核治療に使用されている抗結核薬「デラマニド」の普及に向けた取り組みを紹介いただきました。
182(川ア).JPG

富士フイルム様からは、高橋映生様と守田正治様の2名でご参加いただき、尿を検体とする新たな結核診断キットの開発と国際機関との連携についてご発言をいただきました。
192(富士F高橋).JPG 198(富士F守田).JPG

続いて、栄研化学の常務執行役の渡一様には、迅速結核診断機器のTB-LAMPの普及について、最新の情報を紹介いただきました。
207(栄研).JPG


ニプロの取締役である岩佐昌暢様からは、多剤耐性結核診断機器「ジェノスカラー」の開発に向けた取り組みと、GDFとの連携可能性について、お話をいただきました。
226(ニプロ).JPG

JICAから、国際協力専門員の磯野光夫様と技術審議役の田中剛様よりJICAにおける結核の事業について発表いただきました。
230(磯野).JPG 238(田中).JPG

学生からもご意見をいただきました!
251(鈴木).JPG

ACTアクセラレータについて、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の柏倉美保子様から最新の情報を共有いただきました。
267(柏倉).JPG

最後は、結核根絶の第一人者である結核研究所名誉所長の森亨先生にセッションの総括をしていただきました。
277(森).JPG

時間が足りないくらいの熱いセッションとなりました!
(いとう)

posted by resultsjp at 17:18| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
詳しい議論の内容が気になります
Posted by 崖っ淵のボニョ at 2020年12月22日 21:11
日本の技術は本当に素晴らしいと思える実証について述べられていました。
Posted by 伸び伸びと。 at 2020年12月27日 13:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]