2021年01月25日

IFPRIアドボカシー

2021年1月24日(日)公明新聞に、日本リザルツが応援している国際食糧政策研究所(IFPRI)の所長を務めるヨハン・スウィネン氏のコメントが掲載されておりました。
今年は日本で「東京栄養サミット」と「国連食糧システムサミット」が開催される予定です。スウィネン氏は欧州委員会の経済顧問、世界銀行リードエコノミスト等を歴任されており、日本政府のリーダーシップのもと、連携をより深める機会としてコロナ危機に打ち勝つ強靭な食料システムを構築していきたい、と情熱をもって対応されております。(Nom)
20210124ヨハン・スウィネン氏.jpg
20210124ヨハン・スウィネン氏_copy.jpg
posted by resultsjp at 09:15| Comment(3) | 栄養問題
この記事へのコメント
私たちの昨年12月GGG+小フォーラムでも連携をしていただきました。応援しております。
Posted by アイビー at 2021年01月25日 09:17
コロナに負けない強いフードシステムが世界各国で築けるよう、イニシアチブをとっていただけることを期待しております。
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年01月25日 15:15
日本政府との連携がさらに強化されることを願います。
Posted by ミセスカマラ at 2021年02月04日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]