2021年02月28日

新型コロナワクチンの課題 渋谷健司教授

昨日27日土曜日の公明新聞に、日本リザルツとも親交が深い、英国キングス・カレッジ・ロンドン渋谷健司教授の記事が掲載されています。
公明カラー版227.jpg

渋谷教授のインタビューによりますと、ワクチンは公衆衛生の問題でもあるが、国家安全保障の課題だということです。米国やイスラエルのように国家安全保障に強い国ほど、ワクチン開発から接種まで時間が短く、短期間のうちに多くの人がワクチン接種を済ませているということです。
コロナワクチンの公平な分配が進むことを願っています。
(Nom)
posted by resultsjp at 16:27| Comment(2) | 情報
この記事へのコメント
米国では大統領がワクチン接種をする映像を中継していましたが、国民の懸念を払拭するためだったのでしょうか。
Posted by アイビー at 2021年02月28日 16:35
ケニアにはいつくるのでしょうか。
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年02月28日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]