2021年03月03日

トイレを利用した健康管理の新事業(新聞の宣伝記事から)

宣伝記事からブログを書きました。
メーカーの宣伝になる可能性があるので新聞記事の表示は控えますが、この日本のメーカーはトイレにセンサーを付加して各種の健康管理を行うイノベーションを推進してゆくようです。
栄養のあるものを食べたら、体が吸収したあとはトイレになりますので、緊密な関係があります。
トイレにいったあと、野菜などの栄養が足りないとかメッセージが出るとか検討しているようです。栄養問題では先進国でも課題が多いため、先進的な日本の技術で健康増進を図ってゆくようです。

栄養は奥が深く、いろいろな分野で、日々の健康管理・栄養管理が簡単にできる未来を期待いたします。

(なかちゃん)
posted by resultsjp at 16:14| Comment(2) | 栄養問題
この記事へのコメント
栄養だけでなく、癌の発見にもつながるトイレになったら、健康診断の一部が家庭で行えるようになりますね。
Posted by アイビー at 2021年03月04日 12:08
栄養は狭義の意味での栄養だけでなく、フードセーフティ、保健、教育、貧困など様々な問題とつながっていることを実感します。なかちゃんさんの様々な経験を活かした画期的なアイデアを期待しています。
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年03月04日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]