2021年06月24日

学校への生理用品の配備

ここ近年、「生理の貧困」が社会問題としてあげられていますが、東京都や神奈川県では生理用品がトイレに整備され始めています。東京都では、今年の9月からすべての都立学校の女子トイレに、生理用品が置かれる予定となっています。また、横浜市の市役所では、アプリを使うことで生理用ナプキンが無料で手に入るサービスが導入されました。

これらの報道を参照:

経済的な理由や家庭の事情によって、生理用品が購入できない女性のために、日本の学校のトイレに生理用品が置かれるようになったことは、女子教育の格差解消への先導的な取り組みだと思います。先日のG7サミットで、女子教育の格差解消に向けて、ジョンソン首相がGPE(教育のためのグローバルパートナーシップ)への大型拠出をプレッジしましたが、日本が向かっている方向もほとんど同じだと感じます。7月下旬には、世界教育サミットが開催されますが、G7諸国に足並みをそろえる形で、サミットまでに日本政府がGPEへの拠出表明をし、世界の教育格差の是正がより一歩前進することを強く期待します。

そのだ
posted by resultsjp at 17:58| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
ケニアのスラム街では紙おむつが買えなくてお母さんたちが困っています
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年06月25日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]