2021年06月25日

イスラエル、パレスチナ自治区ガザ地区へ停戦後初の空爆

518日から11日間にわたる、イスラエル軍によるパレスチナのガザ区への空爆を経て、21日の停戦から約1か月、ガザ地区の空で再び沈黙が破られた。イスラエルは616日、パレスチナ自治区ガザ地区でイスラム組織ハマスの軍事拠点を空爆したと発表した。空爆の理由について、イスラエル軍はガザ地区から15日、発火装置を積んだ風船(ユダヤ人の極右勢力数千人がエルサレム旧市街で行進し、これに抗議するパレスチナ人数百人とイスラエル治安部隊との衝突が起きたことに対する)がイスラエルに向けて発射されたことへの報復措置だとしている。


ishi

posted by resultsjp at 23:20| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
日本リザルツが連携しているUNRWAはどのよう活動をされているのでしょうか
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年06月26日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]