2021年07月01日

ミャンマー コロナ感染者急増

20210701144343295-1.jpg
 現在、国軍がクーデターを強行したミャンマーにおいて、新型コロナウイルスの感染が大幅に拡大しています。多くの医療従事者が参加している「不服従運動」により、大半の民間病院が休業していたため、コロナの検査数が大幅に減りました。現在では検査数がクーデター以前の約4分の1ほどに戻っており、これによって大幅な感染拡大が発覚したのだと思います。
 また、オックスフォード大学のデータによると、ミャンマーで1回目のワクチン接種をした人の割合は、5月13日時点で3.26%となっており、東南アジアで最も低い水準となっているとのことです。先月のワクチンサミットで、日本政府によるCOVAXへの大幅な拠出が決まりましたが、軍が政権を掌握しているため、ほとんどのミャンマー国民がワクチン接種を受けていない状況に心が痛みます。
 不当な暴力や逮捕などに苦しむ人が多数いる一方で、状況が変わらない限り、感染症をはじめとする健康の問題、栄養問題に苦しむ人も今後増え続けます。ASEAN諸国や日本政府などにより、ミャンマー国民の健康な生活が取り戻せるような人道支援が行われることを強く期待します。

そのだ



posted by resultsjp at 14:45| Comment(1) | ミャンマー
この記事へのコメント
栄養不良や食料にもきちんとアクセスできているのか気になります。
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年07月01日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]