2021年08月22日

子どもの居場所

子どもの間でコロナ感染者が増える中、夏休み明けの学校再開への不安が募っているようです。

特に心配なのが子どもの心のよりどころが減っているということです。国のまとめによると、去年1年間に全国で自殺した小学校から高校までの子どもの数が、昭和55年以来、過去最多になったそうです。

地域での交流場所は、子どもたちにとって、学校以外の居場所として大切な場所であります。私の近所にあるカフェは、子どもたちが自由に地域の大学生と触れ合える場として提供されています。こうした学校以外の居場所の大切さを身に染みて実感しています。

今の時期、コロナの感染症対策もそうですが、心の健康、子どもの居場所を作る活動がいかに難しいかを感じました。

NHK Web の記事はこちら

(杉)

posted by resultsjp at 00:22| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
コロナ禍で外出が制限されますが、人とのつながりが希薄にならないような取り組みが必要かもしれませんね
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年08月22日 15:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]