2021年12月31日

「Japan Nutrition(英語版)」をご紹介

日本栄養士会の中村丁次会長が書かれた「Japan Nutrition」の英語版がこのほど発行されたため、栄養のアドボカシーに携わる関係機関の方にご紹介をさせていただきました。

WHOの事務局長補でUN Nutrition議長の山本尚子先生をはじめとする国際機関、ケニア保健省の栄養担当トップのヴェロニカ・キロゴ博士、学術界、そして米国リザルツのジョアン・カーター氏などの市民社会など、国内外の計72のパートナーの方にお送りしました。

この本は、日本の栄養改善や二重負荷の解消に向けた政策的な取り組みが非常に詳しくまとめられています。ケニア保健省の方は早速、読んでくださり、「日本の栄養改善の歴史と成功のヒントが網羅されている。こうした日本の文献の英語版はなかなかないから非常に貴重だ」と太鼓判を押してらっしゃいました。


以下のリンクからPDFがダウンロードできます。

https://link.springer.com/book/10.1007/978-981-16-6316-1


尚、中村先生の取り組みは栄養サミット冒頭の岸田総理大臣のスピーチにも取り上げられましたので、そちらのリンクも合わせてご紹介させていただきます。

東京栄養サミット2021 岸田総理大臣のスピーチ(映像・スピーチ全文あり)

https://www.kantei.go.jp/jp/101_kishida/statement/2021/1207eiyou.html


本年は大変お世話になりました。お体に気を付けて、どうぞ良いお年をお迎えください。

(ぴんく)

posted by resultsjp at 15:37| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
ベストセラーにしましょう!
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2021年12月31日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]