2022年01月16日

COVAXが提供したワクチンが10億回分を突破!

15日、COVAXが提供したコロナワクチンの数が10億回目に達しました。現地時間19時半頃、10億回目のワクチンがルワンダの空港に到着したそうです。


10億回目の輸送の様子(Gaviワクチンアライアンス提供)

https://www.youtube.com/watch?v=87D676W6XOU


COVAX20212月に貧困国へのワクチン配送を開始し始め、これまでに144か国に10億回のワクチンを出荷しました。この中には私が駐在するケニアも含まれており、現在は多くの医療従事者などがブースター接種を受けることができています。


尚、白須代表は新型コロナウイルス発生直後からCOVAXの立ち上げについてアドボカシーを行ってきました。その甲斐もあり、日本はドナー国で一番最初にCOVAXへの参加を表明。また、AMCサミットを主催し、これまでに10億ドルもの拠出をしています。特に菅前総理大臣はこの問題に関して造詣が深く、AMCサミットを主催されたほか、G7G20、国連総会などの国際会議の場でワクチン供給の多国間主義の重要性を訴えてこられました。これが本日のワクチン供給・分配に関する国際協調の気運を高めたことは言うまでもありません。


1人でも多くの方がワクチンを接種し、強い世界づくりを目指せるよう、日本リザルツは引き続き、アドボカシーを続けていきます。


報道はこちらを参照(英語)

https://www.aljazeera.com/news/2022/1/15/update-4-u-s-cdc-urges-americans-to-wear-most-protective-mask-you-can


(ぽにょ)

posted by resultsjp at 17:34| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
供給・分配だけでなくより包括的な議論が必要だと思います
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2022年01月17日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]