2022年01月20日

COVAXによるワクチン供給は目標の半分

1月18日付けの日経新聞(夕刊)に、COVAXにより10億回分のワクチンが配給されたという記事がありましたので紹介します。

IMG_0984.jpg

しかし、これは目標の20億回の半分にとどまっており、1月13日時点で、WHO加盟194か国のうち36か国では接種率が10%未満、88か国で40%未満なのが現状です。
また、コロナワクチンの多くは低温を保ったまま使用期限までに国内各地に分配する必要があるにも関わらず、輸送手段や備蓄場所を確保できない場合が出ているため、途上国が期限切れ間近のワクチン受け取りを拒否する例が相次いでいるためもあります。こうしたケースが2021年12月だけで1億回分発生しているそうです。

ワクチンの受け取りペースを遅くしたり、ワクチンを廃棄せざるを得なくなる国もでてきています。せっかくワクチンを受け取っても接種できずに廃棄され、接種を受けられない多くの人がいることは大変残念なことです。
(か)




posted by resultsjp at 17:43| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
受ける人への啓発も必要だと思います。
Posted by 崖っぷちのボニョ at 2022年01月20日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]