2022年04月11日

ミャンマー支援

ミャンマー国軍のクーデターから1年以上が経過しています。今年2月、米国財務省は追加制裁を講じました。国軍関係者7名と2団体に、米国内資産凍結や米国人との取引禁止を課しました。武器を外国から調達し、国軍に提供していたことがわかったからです。英国とカナダも同時期に制裁を発表し、ミャンマー当局者2人を制裁対象に加えました。

ブリンケン米国務長官は「国際社会がミャンマー市民への強い支持を示し、国軍によるクーデターや暴力への説明責任を果たすよう求める」と声明を発表しました。

3月には、米戦略国際問題研究所のアジア問題専門家が「米国のミャンマーに対する外交策を転換、人道支援を拡充し、国軍に対する経済政策強化の政策転換で、民主主義が回復する見込みが高まる」と指摘していました。

米国のミャンマーへの金融政策制裁は消極的であるという声もあります。さらに「内政干渉まがいでは、協力が得られにくい」「武器の提供を真剣に考えるべきだ」との意見もあります。

米シンクタンクは、今後の情勢悪化を懸念しています。日本での支援についても気になるところです。

http://resultsjp.sblo.jp/article/189328361.html

http://resultsjp.sblo.jp/article/189104646.html

(にゃんこ)
posted by resultsjp at 15:14| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
困っている国民の皆さんに届く支援がなされることを願います
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年04月11日 17:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]