2022年05月02日

ウクライナ侵攻と食料危機

諸外国では小麦が重要な主食です。ウクライナ危機により、小麦が世界的に不足します。また、価格上昇が起きています。

ウクライナ侵攻以前の、2021年頃の小麦輸出国は、ロシア、ウクライナの2か国で世界の輸出の3割程を占めていました。しかし世界の小麦の需要バランスが大きく崩れ、価格急騰を招き、新興国を中心に広がる食料危機が深刻です。

カナダ、アメリカ、オーストラリアなど他の小麦生産国が、輸出を増加しても、現在の価格高騰は当分続くと予測されています。

 食糧不足.jpg

また、世界的に肥料価格も高騰しています。米国、中国、インド、ブラジル、アフリカにも波及し、食料危機が深刻です。

農業経済学専門家は、「各国が自国優先で輸出を止めた場合、日本では食料が確保できなくなる可能性がある」と指摘しています。このまま、ウクライナ侵攻が長期化すると、食料危機が多くの国へ波及するのではないかと憂いています。


日本リザルツは、世界の貧困や栄養改善の問題について取り組んでいます。ウクライナ侵攻による食料危機と栄養不良は喫緊の課題です。パートナーと連携し、何ができるか考えていきたいと思います。

(参考:開発途上国の状況)

http://resultsjp.sblo.jp/article/189464922.html

http://resultsjp.sblo.jp/article/189093003.html

(にゃんこ)

posted by resultsjp at 14:53| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
物流にも影響が出ていますね
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年05月02日 16:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]