2022年05月10日

ミャンマーの事態改善への働きかけ

ミャンマーのクーデターから1年以上が経過しました。

外務省国際協力局長の植野篤志氏は、日本政府の対応について「ミャンマー側に武力停止や拘束された人々の解放や民主的な政治体制の回復を求め、ODAも活用している。クーデター以前のミャンマー政府との約束で、インフラ、保健医療、農業の分野のODAはミャンマーの国民生活改善のために実施している」と述べていらっしゃいます。また「人道支援のニーズはクーデター前より高まっている。日本として自体の改善への働きかけには、欧米を含む多くの国々にもきちんと説明したい」と指摘しています。

クーデター後、ミャンマー国内の混乱は全土に及び、経済の低迷が続いています。新型コロナの影響も追い打ちをかけ、数百万人が飢餓に瀕しています。数十万の市民が国内避難民となっています。

日本リザルツでは、ミャンマー支援にも対応しています。今後はODAの在り方にも注視していきたいです。

参考:

国際開発ジャーナル 4月号

http://resultsjp.sblo.jp/article/189458603.html

http://resultsjp.sblo.jp/article/189328361.html

(わんこ)

posted by resultsjp at 13:23| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
本当に困っている人に支援が行き届くよう、抜本的な策が必要と感じます。
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年05月10日 15:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]