2022年05月10日

アフガニスタンの女性

国際開発ジャーナル5月号にアフガニスタンに関する記事がありました。日本在住のアフガニスタンの女性が「女性が学ぶことも、働くこともできないのは、社会的損失だ。母親に程度の教育がなければ、良い家庭が作れず、子供の成長にもよくない」と指摘していました。
さらに別の女性は、「アフガニスタンでは、女性が一人でタクシーに乗ることができない。女性は仕事を失い働くこともできず、身の安全も保障されないので、国を脱出した」と国の様子を語っています。

また、ウクライナ情勢に想いを重ねる女性もいます。現在の情勢では国に帰ることができず「ウクライナの状況は自分達と同じ構だ。子ども達が知らない町を転々としている。どんなことがあっても、人間は生まれ育った自分の国に住みたい。すべての戦争も暴力もいけないことだ」と憂いていました。

アフガニスタンと人口数が世界で最も近いイラクとポーランドの1人当たりGDPを比較してみます。アフガニスタンでは、貧困による様々な課題があります。アフガニスタンの安定と平和と発展の為には、世界の国々の協力が必要だと思います。

参考:

国際開発ジャーナル5月号

http://resultsjp.sblo.jp/article/189520362.html (アフガンとGPE

http://resultsjp.sblo.jp/article/189074782.html (アフガンの教育)

http://resultsjp.sblo.jp/article/189458550.html (アフガンの貧困)

(にゃんこ)

posted by resultsjp at 15:06| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
まだこうした問題が解決されていないことをメディアは見過ごさないでほしいです。
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年05月10日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]