2022年05月25日

ウクライナ難民について

朝日新聞 (2022年5月25日 1面・30面)にウクライナから避難してきた一家の記事がありました。

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって、5月24日で3か月が経過しました。
国連の報告によると600万人以上が既に国外に逃亡したとのこと。ウクライナでは18歳から60歳の男性の出国は原則禁止されているため、日本に逃れた約1千人のウクライナ難民も、祖国に残さざるを得なかった家族の無事を心配しているようです。

私は以前、ほかのNPOにて難民支援に携わった際、戦争被がい者たちの心理ケアにニーズがあることを知りました。現地では多くの団体が食料などの物資支援をしていますが、紛争によって、PTSDや鬱などのメンタルケアに携わる団体はあまりありませんでした。こうした支援も、彼らの自立に不可欠な要素であると考えています。

日本では令和3年の自殺者数は21,007人となりメンタルケアの必要性が高まっています。
今後は心理カウンセラーなどのメンタルヘルス分野での支援が増え、日本人はもちろん、日本に逃れてきた難民を多角的な面で支援することができることを期待しています。

参考:(朝日新聞2022年5月25日 朝刊1面・30面)、R3jisatsunojoukyou.pdf (npa.go.jp)(2022年5月25日)
(M)


posted by resultsjp at 19:39| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
リザルツは東日本大震災や熊本地震のあと、被さい地でメンタルヘルスケアの支援をしています
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年05月25日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]