2022年06月16日

ウクライナの国旗の意味

ウクライナの国旗は、上半部の水色が空を、下半分の黄色が小麦を意味しています。ウクライナは小麦の輸出量が世界第5位ですが、黄色と言えばもう一つ、国花のひまわりが思い出されます。


ロシアの侵攻以降、抵抗のシンボルとしてウクライナで用いられるようになったひまわりですが、元々ウクライナのひまわり生産量は世界第1位。隣国ロシアと合わせると世界の総生産の半分を超える量になります。ひまわりは食用油として生産されています。


紛争の長期化が、周知のとおり小麦や食用油をはじめとする食料品全体の価格の高騰という形で、8000q離れた日本にも大きな影響を及ぼしています。現状を鑑みて、エネルギー問題や温暖化対策などの対応は徐々に進んでいます。だからこそ、一日も早く根本的な解決を目指す必要があると考えます。


先行き不安の現状の中、日本各地は次々と灰色の雲に覆われて梅雨入りしました。梅雨が明けた今年の夏、私たちはウクライナの大地一面に咲き誇るひまわりを見ることができるのでしょうか。


ed1a22f2d6964ff2b1214f7a45873014.jpg


参考:公明新聞 614日 「北斗七星」


写真:https://peapix.com/bing/37865


(福)

posted by resultsjp at 15:45| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
国際社会には一義的な対応で終わらず、本質的な問題解決に取り組んでほしいですね
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年06月16日 17:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]