2022年09月03日

NHKニュース:日本、「結核低まん延国に」

本日NHKで日本が結核低まん延国になったと報道されていました。

報道はこちらを参照:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220903/k10013801461000.html 

それによりますと、去年1年間に国内で結核と診断された患者は1万1000人余りで調査開始以来、最も少なくなったことが厚生労働省のまとめで分かりました。人口10万人当たりの患者の数を示す「り患率」は9.2人で初めて10人を下回り、WHO=世界保健機関が定める「結核低まん延国」になりました。

厚生労働省によりますと、去年1年間に国内で結核と診断された患者は1万1519人で前の年から1220人減り、調査を始めた昭和26年以来最も少なくなりました。
年代別にみますと、80代が3440人と最も多く、次いで70代が2241人、90歳以上が1633人などと70代以上が全体のおよそ6割を占めています。
死亡した人は1844人で前の年より65人減りました。


ただ、集計に携わった結核予防会結核研究所の加藤誠也所長によりますと、新型コロナウイルスによる病院の受診控えの影響で、潜在的な患者がいる可能性もあり「ただ減ってよかったではなく、慎重な見極めが必要だ」との指摘が出ています。


日本では明治時代以降に工場労働者が急増したことなどが影響して、明治から戦前にかけて、結核は「不治の病」「国民病」などと揶揄され、1970年代の後半まで、日本人の死因のワースト10に入っていました。

昭和26年に結核予防法が成立し国をあげて対策が進められたことや、抗結核薬が使えるようになったことで、昭和40年から昭和50年代前半にかけて「り患率」は大きく減少しました。


結核の推移8.30 -朝日新聞ー.jpg


日本リザルツは、予てより結核対策に取り組んでいます。日本の結核はもちろん、世界の結核の現状からも、目が離せません。かつて多くの日本国民の命を奪った感染症が、日本はもとより世界で減少し、みんなが健康に暮らせるといいですね。

(参考)

朝日新聞(830日)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220903/k10013801461000.html (NHK放映)

http://resultsjp.sblo.jp/article/189782908.html(リザルツブログ)

(k)

posted by resultsjp at 22:49| Comment(1) | 情報
この記事へのコメント
病院を行くのをためらっている人の数が明るみにできないので、今後も注視が必要ですね
Posted by 崖から落ちたボニョ at 2022年09月03日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]